【戦クロ】大筒の特徴と使い方

『戦国クロニクル』の兵種の1つである大筒について紹介。大筒の特徴や使い方、強い点、弱い点を解説します。

大筒の基本情報

指揮値 対ユニットDPS 対建物DPS 移動速度
6 1/11位 2/11位 -
※ユニットに攻撃できない兵種、移動できない兵種は省いた順位になります。

大筒の特徴

『戦国クロニクル』の兵種の1つである大筒の特徴は、高い攻撃力に加え範囲攻撃ができ、全ユニットの中で最も広い射程範囲を持つことです。

しかし、他のユニットには無い弱点もあるので、後述の「大筒の弱点」を参考にしてください。

大筒の強い点

大筒は、自陣の全範囲をカバーできるほどの広い射程と高い攻撃力を持ちます。

また、範囲攻撃なので、複数の敵が大筒に近づく前に倒すことも可能。

そして、敵の城を射程に収めれば城を攻撃できるので、その高い攻撃力で城の破壊に大きく貢献できます。

大筒の弱い点

大筒には、他のユニットと違った点があります。それは、まったく移動ができないことと、戦場に配置したあと約15秒で消滅する点です

そして、敵に攻撃され自身の耐久力が減ればその分、場に残る時間が短くなるので、敵との距離に気をつけて配置する必要があります。

大筒の使い方

迎撃で大活躍

敵陣に向かって移動ができないため、広い射程を活かした迎撃が主な仕事。

攻撃力や耐久力が高く厄介なユニットである武士も、大筒ならば楽に撃破可能です。

また、敵に集団で攻め込まれた際も範囲攻撃で敵を一掃でき、大きくコスト勝ちを狙うこともできます。

城・櫓に大ダメージを与えられる

大筒の高い攻撃力は、建物である城に対しても有効です。

敵の櫓を1つ破壊してユニットを配置できる場所が拡大されてから、大筒の射程が城にかぶるように置くと城を攻撃できます。

また、橋のギリギリの位置に配置すれば、櫓を攻撃可能です。

攻撃目標を変更できない点は注意

注意点として、一度城を攻撃し始めると、敵ユニットを攻撃しなくなります。
また、建物を優先して攻撃します。

そのため、他のユニットで大筒を守りながら、城の耐久力を削っていける状況を作りましょう。

戦クロ攻略おすすめ記事

© 戦国クロニクル制作委員会
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。