【戦クロ】兵種ごとの対策方法まとめ

『戦国クロニクル』で、兵種ごとの対策方法や迎撃時に気をつけるべきことをまとめています。決戦でも役立つテクニックを紹介しているので、なかなかバトルに勝てないという人は参考にしてください。

最新攻略情報
イベント最新情報
これから戦クロを始める方へ

おすすめの迎撃方法まとめ

相手の兵種ごとに、こちらが迎え撃つ場合のおすすめの対策方法をまとめています。

なお、以下の情報は相手が単騎の場合を想定していますが、基本的に相手が複数ユニットの場合、共通して範囲攻撃のできる大筒や術師+盾役がおすすめです。

足軽の対策

指揮値最小の兵種だけあって、足軽単独であればどんな状況でも迎撃は簡単です。

例えば、足軽同士であっても、建物のダメージがあれば一方的な迎撃が可能。槍兵か武士であればほぼノーダメージで迎撃し、そのまま攻撃に転じられます。

また、遠距離攻撃ユニットでもほぼ一方的に撃破できるので、その後、前衛を足して攻め返すというのもおすすめです。

ちなみに、足軽は僅かですが近距離攻撃ユニットより射程が長いので、こちらも近接ユニットをぶつけた場合、完全に無傷で倒すということはできません。

槍兵の対策

足軽は攻撃力が低いものの、耐久力が高いため、少し迎撃に手間取ります。

ただ、単独であればそこまでの脅威にならないので、こちらも槍兵をぶつけ、建物の攻撃と合わせることで迎撃するのが無難

ただし、かなり時間がかかります。特に、後ろに騎馬や弓兵がいるのであれば、こちらも遠距離攻撃ユニットを追加するか、攻撃力の高い騎馬や武士を追加するのが良いでしょう。

なお、武士であればこちらはほぼ損害を受けずに素早く迎撃できますので、そのまま攻撃に転じることも可能です。

騎馬の対策

騎馬は速度と攻撃力がありますが、耐久力がそこまで高くないため、コスト的な格下である槍兵でも防衛可能です。

なお、遠距離攻撃ユニットでは、簡単に距離を詰められてしまうため迎撃は困難です。騎馬はユニットを優先する兵種なので、必ず殴り合いに持ち込んで打ち取りましょう。

忍者の対策

忍者も指揮値が低いので、ほぼ足軽と変わりません

ただし、川を飛び越えられる忍者は予想外のところから攻めてくる可能性があるので、2対1の場面を強いられるかもしれません。
その場合、前衛が耐えられそうなのであれば、こちらの追加戦力は柔軟に動ける遠距離攻撃ユニットにしておくと良いでしょう。

突撃の対策

突撃は建物だけを目標とするので、可能な限りダメージを抑えたいのであれば、攻撃力の高い武士、騎馬、忍者あるいは複数のユニットを同時に配置するのがおすすめです。

なお、基本的には一方的に迎撃できるのでどんなユニットでも防衛可能ですが、時間がかかりすぎるとそれだけ建物のダメージがかさみます。

武士の対策

武士は移動力の低い代わりに殴り合いが非常に強いので、可能であればこちらも武士をぶつけるのがおすすめ

もしくは槍兵にダメージを与えさせつつ、アタッカーを追加して、万全の体制で迎え撃ちましょう。

破城の対策

破城は一瞬でこちら城・櫓を破壊してくるので、辿り着く前になんとしても撃破する必要があります。

大筒、武士などとにかく攻撃力の高いユニットを筆頭に、可能な限りコストをつぎ込んで絶対に撃破しましょう。

特に大筒は破城に加え、その後ろにいるであろうユニットまで同時に攻撃できるのでおすすめです。

弓兵の対策

弓兵は基本的に、近接攻撃ユニットであれば一方的もしくは相打ちが取れます。

特に、コスト的に格下の足軽か忍者で相打ちを狙うのがおすすめです。

なお、弓兵は射程があるので、引き付けすぎると櫓を攻撃されます。
その場合はこちらのユニットが無傷で迎え撃てるという利点もありますので、一気に反撃の起点とするのであれば狙ってみましょう。

鉄砲の対策

鉄砲は弓兵より一撃の攻撃力があるので、足軽、忍者では一方的に倒される可能性があります。
対人戦や高難易度イベントの場合は、槍兵で確実に受け止めましょう。

なお、弓兵より射程が長いので、櫓を攻撃されるタイミングが少々シビアです。あまり早すぎると今度は櫓の攻撃が当たらなくなってしまうので、川を渡りきるギリギリのタイミングをしっかり狙いましょう。

術師の対策

術師も、レアリティや育成状況が同等であれば、弓兵と同じくこちらは足軽、忍者で迎撃可能です。

また、こちらが弓兵をぶつけたとしても相打ちを狙えるので、コスト的に得します。

ただし、術師は範囲攻撃ができるので、こちらのユニットが2体以上同時にダメージを受けないよう、離して配置することが大事です。

ちなみに、弓兵以上に建物へダメージを与えにくい兵種なので、櫓を攻撃させてから安全に倒すのも良いでしょう。

大筒の対策

大筒は城・櫓の射程外から一方的に攻撃可能かつ、建物を優先して攻撃します。

そのため、橋の手前に配置されたと思ったら即座に櫓を攻撃されるので、こちらも素早い対処が必要です。可能であれば、足が速く攻撃力もある騎馬で打ち取りましょう

また、建物を狙えない位置であったとしても大筒は射程が長く範囲攻撃ができるため厄介です。そのような配置をする場合は相手が迎撃する状況であることがほとんどなので、大筒が自然消滅するまで近づかない、ユニット配置をしないようにし、無理に殴り合うのは辞めましょう。

戦クロ攻略おすすめ記事

© 戦国クロニクル制作委員会
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    戦クロ最新情報

    新武将情報

    おすすめ武将・武器

    初心者おすすめ記事

    育成・バトルシステム解説

    システム解説

    おすすめ攻略情報

    戦クロ効率情報

    おすすめ編成例
    兵種詳細

    戦クロデータベース

    人気記事ランキング

    集計中です

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。