【戦クロ】おすすめの部隊編成(突撃型)

『戦国クロニクル』のおすすめの部隊編成(突撃型)について紹介。兵種「突撃」を主軸とした編成ついて解説していますので、おすすめの部隊編成について知りたい方は参考にしてください。

兵種「突撃」を主力にする

実力が近いものと戦う「決戦」などでは、戦力が拮抗し相手の城まで攻め込むのが難しく、櫓ひとつの差で勝敗が決まります。

そこで、重要な櫓を攻撃するのに役立つユニットが「突撃」です。

櫓を攻めるのに使いやすい

突撃は、破城と比べコストが低く移動速度も速いため、櫓にダメージを与えたい場面で堅実な活躍をしてくれます

また、建物のみを狙って攻撃するので、敵ユニットを無視して建物を攻撃するのも大きなメリットです。

突撃編成の運用方法

盾役の後ろに配置

盾役(槍兵や武士など)が攻撃されてから突撃を出すことで、櫓までダメージを受けずに近づくことが可能です。

如何に、体力を温存して櫓を攻撃できるかが、突撃ユニットを使いこなす上で重要になります。

突撃2体を同時に出す

自分の指揮値が8溜まっている状態で、相手の指揮値に余裕がないことを見極められれば、2体同時に突撃を出して櫓を攻撃するのはとても効果的です。

奇襲に成功すれば櫓を高確率で破壊でき、あとは3分耐えて勝利を目指します。

耐えるほかにも、二つ目の櫓の破壊を狙ったり、徹底して自陣を守るなど状況に応じて戦いましょう。

おすすめの部隊編成例(突撃型)

初期ユニット編成(総大将:綾御前)

初期から所持しているユニットに、低レアリティで入手しやすい星2「佐久間信盛」を加えたお手軽突撃ユニット編成です。「佐久間信盛」は探索でも手に入るので、こまめに行うようにしましょう。

総大将は「綾御前」を選択し、奥義で敵の攻撃力と攻撃速度を下げて味方の生存力をアップ。

自由枠には、武士または騎馬を入れると、前衛に置けるユニットが増えて戦いやすくなるのでおすすめです。

初期改良型編成(総大将:水野勝成)

初期ユニット編成から半分を入れ替えた初期改良型編成。

星4でありながら、コスト3で使用可能な奥義を持つ「水野勝成」を軸に、低レアリティで優秀なユニットを選んでいます。

騎馬の「伊達政宗」は、星3の中で火力が高め。武士では耐久よりなら「丹羽長秀」、攻撃よりなら「明智光秀」がおすすめです。

上記の編成で、しっかりユニットのレベルを上げれば「決戦」で戦っていくことは可能ですが、高レアの武将の方がステータスが高いため、入手できたら低レア武将と入れ替えましょう。

理想突撃型編成(総大将:水野勝成)

高レアのユニットで構成された理想突撃型編成。

攻撃力に優れた武将を集め、初期改良型と同じく総大将には「水野勝成」。一試合で奥義を2回発動するのが安定し、奥義とセット運用で指揮値4以上の働きをしてくれます。

足軽「生駒吉乃」は星4ながらトップクラスの攻撃力を持ち優秀。

また、体力が「生駒吉乃」より高い星5「奮迅・豊臣秀吉」も採用候補ですが、自陣の櫓を攻撃されている際の防衛に使用することをを想定しているため、体力の低さはあまり気になりません。

武士で敵ユニットを倒してコスト面で有利を取り、突撃で一気に敵の櫓に攻め込みましょう!

突撃編成のおすすめ総大将

武将 兵種 奥義

水野勝成
突撃 自身攻撃+50% 移動+30%[7秒][コスト:3]

怪傑武田信玄
騎馬 味方騎馬と突撃の攻撃+35% 移動+25%[8秒][コスト:5]

片倉小十郎
騎馬 味方騎馬と突撃耐久50%回復[コスト:4]

秀麗上杉謙信
武士 味方騎馬と突撃攻撃+35% 耐久50%回復[8秒][コスト:5]

諏訪御前
武士 味方騎馬と突撃の攻速度と攻撃+20%[6秒][コスト:5]

鶴姫
槍兵 味方攻撃+30% 味方耐久+30%回復[10秒][コスト:4]

山県昌景
足軽 味方騎馬と突撃の攻速度と攻撃+15%[8秒][コスト:4]

戦クロ攻略おすすめ記事

© 戦国クロニクル制作委員会
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。